WebSocketでカメラの映像を共有する(Shared Camera with WebSocket)

スポンサーリンク

WebSocketを利用してカメラの映像を共有するアプリケーションを作ってみました。 Raspberry Piにカメラをつなげて監視カメラにしたり、ブラウザを通してお互いのカメラの映像を共有するようなことができます。

https://github.com/onozaty/shared-camera-websocket/blob/master/screenshot.png?raw=true

仕組みとしては、WebSocketのバイナリメッセージで、画像をブロードキャストするような感じです。通信部分では特に難しいことはしてないです。Raspberry Piのカメラ周りでは嵌りましたが、、

雑話

使い方や実装内容などは、GitHubの方を見てもらえば良いかと思いますので、ここでは作り始めたきっかけとかを。

WebSocketでバイナリも送れるってのを知ったときに、画像を連続して送りつけることによって動画っぽくできるのではと思ったのですが、ずっと試せないままだったので、今年こそはということで作り始めました。結果として、転送間隔短くすれば、それなりに動画っぽく見えなくないものが出来上がりました。

カメラからの画像取得は、ブラウザでMediaDevices.getUserMediaを通じて取るものを最初作りました。WebRTC周りを以前調べていたことがあって、カメラへのアクセスはあたりがついていたので、特に嵌ることも無くさくっと作れました。で、その次にRaspberry PiにつなげたUSBカメラから画像が取りたくて、Node.js(v4l2camera)、Python(+OpenCV)で書きましたが、自分の実装が悪いのか、どれも連続して画像を取る際に思った以上にパフォーマンスが出ないこともあって、最終的にはJavaで下記のライブラリを使って作りました。

これでも遅い(1秒くらい遅延を感じる)のですが、どうにか見えるレベルにはなりました。また、このライブラリを使ったことによって、同じコードでRaspberry Pi、Windows、Macのどれでも動くクライアントになりました。カメラ周りでOSの差を吸収してくれるのはとても便利で助かりました。

ゆくゆくは、サーバ側のアプリケーションをHerokuあたりに乗せて、クライアントを自宅のRaspberry Piにして、いつでも我が家の様子が見えるようにしようかと考えています。(家族に嫌がられなければ…)