Selenium RC 1.0b1 のパッチに、SSL証明書を含めました。

スポンサーリンク

Selenium RC 1.0b1に含まれているSSL証明書(テスト対象のサーバがSSLを使っている場合、Selenium RCがプロキシとしてSSLを中継する際に使用)ですが、有効期限が既に切れているため、必ずSSL証明書の警告が出てしまう(*chromeでやれば、なんでもOKですが)ので、開発中のリポジトリにあるSSL証明書を使うよう、下記で提供したパッチに含めるようにしました。(0.2として更新)

下記が該当のファイルになります。

"*firefox"で実行する際には、このjarを含めれば、SSL証明書の警告などでることなく、テストが行えます。