読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redmine: カスタムフィールドを連動させる(親の値に応じて、子を絞り込む) (View customize plugin)

スポンサーリンク

カスタムフィールドを連動させられないかといった質問があったので、View customize pluginでやってみました。

親の選択内容に応じて、子の選択項目を絞るようなイメージです。

下記のような状態のものを対象にします。

f:id:onozaty:20160403030448p:plain

設定内容

Path pattern

チケット作成、更新のページを対象にします。

/issues/

Code

Type:JavaScriptとして下記を設定します。 親の選択内容に応じて、子のカスタムフィールドの項目を絞り込む(関係するものは表示、それ以外は非表示)形になります。

$(function() {

  var parentFieldId = 'issue_custom_field_values_1';
  var childFieldId = 'issue_custom_field_values_2';

  // 表示条件
  var isTarget = function(child, parent) {
    // 前方一致のものを対象に
    return child.text().indexOf(parent.text()) == 0;
  }

  // 子フィールドの絞り込み
  var narrowChildField = function() {

    // 親で選択している項目
    var parentSelected = $('#' + parentFieldId + ' > option:selected');

    $('#' + childFieldId + ' > option').each(function() {

      var child = $(this);

      // 一致したものだけに絞り込む
      if (isTarget(child, parentSelected)) {
        child.show();
      } else {
        child.hide();
      }
    });
  }

  // 現時点のもので子を絞り込み
  narrowChildField();

  // 親フィールドが変わった際に子フィールドを絞り込み
  $('#all_attributes').change(function(e) {
    if (e.target.id == parentFieldId) {
      narrowChildField();
    }
  });

  // ステータス変更時などにDOMが差し替えられるので
  // フォームの内容が書き変わるたびに絞り込みを反映
  var _replaceIssueFormWith = replaceIssueFormWith;
  replaceIssueFormWith = function(html){

    _replaceIssueFormWith(html);

    narrowChildField();
  };
});

(追記@2016-10-09) IEだと、optionをdisplay:noneで非表示にできないので、このコードは動きません。無効にすることはできるので、それによって選択不可とすることはできます。下記リンクにdisableにしているコードがありますので、ご参考まで。

設定後のイメージ

親の選択項目に応じて、子が絞られるようになりました。

f:id:onozaty:20160403030708p:plain