CentOS7にIRCサーバ(ngIRCd) をインストールする

スポンサーリンク

CentOS 7 で IRCサーバ立てようとして、今まで使ったことのあった ircd-hybrid を入れようとしたところ、yumのリポジトリから無くなってました。(たしか6の時はあったかと)

ソースから入れるのも面倒なので、他にないのかなぁとさがしていたら、 ngIRCd がありました。

ということで、CentOS7での ngIRCd のインストールメモです。

インストール方法

ngIRCdはEPELリポジトリにて公開されていますので、yumのリポジトリとしてEPELを追加し、ngIRCdをインストールします。

[root@localhost ~]# yum install -y epel-release
[root@localhost ~]# yum install -y ngircd

ngIRCdの設定ファイル(/etc/ngircd.conf)のListenの行をコメントアウトします。(コメントアウトすることで、デフォルトの0.0.0.0となり、すべてのIPアドレスに対してlistenします)

;Listen = 127.0.0.1

あとは、ngIRCdをサービスに登録し、起動するだけです。

[root@localhost ~]# systemctl enable ngircd.service
[root@localhost ~]# systemctl start ngircd.service

適当なチャットクライアント(LimeChatなど)から、該当サーバに対して接続できることが確認できればOKです。(ポートは6667)

パスワードなどを設定したい場合には、/etc/ngircd.conf を触ることになります。 ircd-hybridの設定ファイルより簡単そうです。