諭吉佳作/men

スポンサーリンク

この1か月くらい、家では諭吉佳作/menさんの曲を聴きまくっている。それくらいハマっている。

最初に諭吉佳作/menさんを知ったのは、9月にNHK Eテレで放送された「前山田×体育のワンルーム☆ミュージック」だった。インタビューで、「打ち込みだったら腕が3本なければ叩けないような曲も作れる」(もっと違うニュアンスだったかも)ってとこが印象に残っている。

この時点では、名前は知っている(名前の印象はとても強い)くらいでしかない状態で、特に曲を聴いてみようとはならなかった。この時本人が歌っている曲が流れていたら、きっとこの時点ですぐにハマっていたと思う。
このとき番組で流れていたのは楽曲提供していたでんぱ組.incのMVだった。

そのあと、SpotifyでWeekly Buzzか何か聞いているときに、崎山蒼志くんの「むげん・ (with 諭吉佳作/men)」が流れて、この声って諭吉佳作/menさん!?ってなった。
Spotifyにはほとんど曲がなかったので、YouTube、SoundCloudで曲を聴いた。すごくいい。

曲自体も良いのだけど、そこに声が重なってさらに魅力的なものになっている。この曲とこの声が組み合わさることによる相乗効果というかなんというか。
どれもオリジナリティあふれる楽曲で、ビリー・アイリッシュを初めて聞いた時の感覚に似てる。(ビリー・アイリッシュの曲を初めて聞いた時も、とてもインパクト受けた)

一番のお気に入りは「洋装の語る今日は」で、リズミカルに流れる曲の上でさらに流れるような声、、すごくいい。

soundcloud.com

ちなみに、うちの娘たちは「の ぞ き」がお気に入りで、よく口ずさむようになった。

移動中などにも聞きたいので、Spotifyで配信(課金してるので、ネット接続なくても聴ける)するか、アルバム出して欲しいです。もしくはダウンロード販売でも。
同じように思っている人は既にいっぱいいそうなので、すぐ近い将来そうなるんだろうな。とても楽しみ。