Redmine: View customize plugin の v2.1.0 をリリースしました

スポンサーリンク

View customize plugin の v2.1.0 をリリースしました。

cat-in-136 さんからいただいたプルリクエストを取り込み、種別にHTMLが追加されました。

種別でHTMLを選ぶと、そのままHTMLとして埋め込まれます。これが使えて便利だと思うシチュエーションは、外部JavaScriptを読み込む際です。

今まで外部JavaScriptの読み込みはJavaScriptのコードとして書かなければなりませんでした。

$(document.createElement("script")).attr({
  type: "application/javascript",
  src: "https://some.cdn.example.com/path/to/javascript.js",
  defer: "defer",
  async: "async"
}).appendTo("head");

それが種別HTMLで行うと、scriptタグでそのまま書けることになります。

<script type="application/javascript" src="https://some.cdn.example.com/path/to/javascript.js" defer async></script>

あとはCSSとJavaScriptをまとめて書くといったことも、今回からできることになります。

今までのJavaScript、CSSといった種別できていたことは、全てHTMLに置き換えられますが、今のところ種別をHTMLにまとめる予定はありません。HTMLにするまでも無いことは、今までどおりJavaScript、CSSを使っていただいたほうが、いちいちタグを書なくて済むので。