Redmineの検索欄に素早く移動する (ShortcutKey2URL)

スポンサーリンク

人から聞いたチケット番号を元にチケットを開いたり、何かキーワードで検索したり、ってのが良くあるのですが、その際にすぐにRedmineの検索欄に飛べるように、ShortcutKey2URLという拡張機能を使っています。

ShortcutKey2URL

ShortcutKey2URLは、ショートカットキーを使用してURLを開いたり、移動したり、JavaScriptを実行できる拡張機能です。Chrome版とFirefox版があります。

スタートアップキーであらかじめ設定しておいた動作の一覧を表示し、次のキーでその動作を実行するような動きとなっています。

キーとして使用できる文字は1文字に限定されません。複数文字として設定しておくことが可能です。ShrotcutKey2URLは、キーとして連続して入力された文字から、対象が1つに絞り込まれた時点でその動作を実行します。

動作として設定できるものには、下記のようなものがあります。

  • URLへの移動。既に開いているURLの場合は、そのタブへ移動し、開かれていない場合には、新しいタブとして開く。
  • 新規タブとしてURLを開く。
  • 現在のタブにURLを開く。
  • 現在のタブで指定したJavaScriptを実行する。
  • 新規タブとしてURLを開いて、その後に指定したJavaScriptを実行する。

Redmineの検索欄に素早く移動する

ということで、Redmineの検索欄に素早く移動できるようにショートカットキーを設定します。

新しいタブでRedmineのページを開いて、その後にJavaScriptで検索欄にフォーカスを当てます。

document.getElementById('q').focus();

こんな感じの設定になります。(http://192.168.33.11/ がRedmineのURL)

f:id:onozaty:20180905005706p:plain

動作イメージは以下のような感じです。

f:id:onozaty:20180905010958g:plain

ShortcutKey2URLは他にもいろいろ使える場面があると思うので、ぜひご利用ください!!