読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ShortcutKey2URLのバージョン3.2.0が公開されました

スポンサーリンク

ShortcutKey2URLのバージョン3.2.0が公開されました。

(やっとレビュー通りました)

今回は、アドオンのコンテストに向けて再起動不要なアドオンに変えて提出したのですが、レビューで何度もひっかかってしまい、コンテストにちゃんと間に合ったのかも不明です…

ShortcutKey2URLとは

ShortcutKey2URLは下記のようなFirefoxアドオンです。

ShortcutKey2URLは、ショートカットキーでURLを開くためのアドオン(拡張機能)です。

「起動キー(デフォルトはCtrl+"."(ピリオド))」->「それぞれのURLに対応したキー」により、対応するURLを開きます。そのため、他のショートカットキーと重複することなく、それぞれのURLに対応したキーを追加していくことができます。

URLを開く方法として、下記の3種類を指定可能であり、それぞれの用途に応じた柔軟な設定が可能です。

  • 現在アクティブなタブに開く
  • 新規タブに開く
  • 既に同じURL(一致条件はURLの前方一致)があれば、そのタブをアクティブにし、なければ新規タブとして開く

URLの登録は、登録したいページを開いている状態で、アドレスバーの右にあるShortcutKey2URLのアイコンを押下することにより簡単に登録できます。

ブックマークレット(javascript)を登録して実行することも可能です。

また、chromescript として、Chrome Context(アドオンのコンテキスト)で実行するスクリプトを登録することができます。(タブを閉じるようなスクリプトを書ける)

 

ShortcutKey2URL - Firefox Extension

バージョン3.2.0 での変更点

バージョン3.2.0にて下記が変更になっています。

  • 再起動不要のアドオンに!
    • インストール時、アップデート時にFirefox自体の再起動が不要に
  • 起動キーのデフォルトがCtrl+QからCtrl+"."(ピリオド)へ
    • レビューにてLinuxのウインドウを閉じるショートカットキーと被ることを指摘されたため
  • 設定データの保存形式の変更(Object#toSourceとevalを使っていたところを、JSON使うように)

アップデートに関してのおわび

今回、設定データの保存形式を変えため、アップデートの際に、旧形式のデータからのマイグレーション処理を入れていたのですが、一部不具合があって、起動キーの設定が引き継がれないといった問題が発生しています。

大変申し訳ございませんが、ShortcutKey2URLが起動しなくなってしまった方は、起動キーの設定を確認していただけるようお願いします。