読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S2Dao 1.0.43 で、SELECTの戻りにBeanアノテーションに指定したクラス以外のDTOが使える

スポンサーリンク

まだ、試してないのですが、、

ということはTABLEアノテーションを指定していないJavaBeansも戻りに使えるってことなのですかね。
で、その場合にはTABLEのメタ情報が使えなくなって、SQLの自動生成は使えないことになるのかなぁ。

今まで、S2Daoが使えないパターンではS2JDBCで代用してきたのですが、上記が出来るとると、S2JDBCに頼らなければならない場合が減りそうな気がします。
とてもうれしい機能です。

                        • -

追記@2007/05/28
Entityクラスをまったく作らなくてOKになるのではと想像したのですが、試してみたところDaoに対するBEANアノテーションは必須なのは変わらないようなので、どうしても必ず1つはEntityクラスが必要となる模様です。
ここまできたら、BEANアノテーションを指定しなくてもOKになると、うれしいなぁと思ったりするのですが、そうするとS2Daoの思想?(Daoと Entityクラスが必ず1対1で結びつく)に反するのかなぁと思ったりもして、結局はS2JDBC使えっていう話なのかなぁということで、とりあえず自己完結を。