suggest.jsのver1.0をリリースしました

スポンサーリンク

以前公開したsuggest.jsを更新しました。
とりあえず、一通りのことは実装出来たと思うので、今回をver1.0としております。

今回の変更で、オプションについて大幅に見直しています。
オプションは、「簡単な指定で機能を切り替えられる」ものであるべきと思い、オプションのちょっとした指定で、検索条件などを変えられるようにしました。

そのため、今までのように、オプションで関数を差し替えるような形は廃止しています。関数を差し替えるほどのことならば、ライブラリ自体を修正して使っていただく(もしくは、継承して別クラスとして拡張してもらう)方が、使い勝手としても良いのではと思っています。

オプションの変更点は下記の通りです。

  • 検索時の大文字/小文字の区別する・しないを切り替え可能とした。(デフォルトは区別なし)
  • 前方一致、部分一致を切り替え可能とした。(デフォルトは部分一致)
  • 一致した文字列を強調表示出来るようにした。(デフォルトは強調表示無し)

また、スタイルの指定(補完候補の選択時やマウスオーバー時)を、ライブラリ内ではclassの指定のみに変更しています。
これにより、今まで背景色を変えたい場合などに、JavaScriptでの設定処理を書かなくてはなりませんでしたが、CSSなどでのスタイルの指定により変更可能となります。(ライブラリ内でスタイルを書いていると、デザインと処理が混在してしまうので)

関数間の引数の渡し方や役割などを、今回かなり変えている(特にisMacth関数の部分)ので、今まで使っていて、かつカスタマイズされている方には、ご迷惑をおかけするかもしれません。今までは0版だったということで、お許しください。。